イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 05月 08日 ( 1 )



“イギリスの国民食はカレー”の雲行きが怪しくなってきた昨今ですが
(理由はほかのカジュアルフードの台頭、経営、ヘルシー志向etc)、
それでも、カレーをはじめとするインド料理は、イギリスではすっかりおなじみです。
日本で言うと町場の中国料理、ってノリが近いかも
(イギリスにおけるインド料理店は、ファインダイニングや今どきのモダン料理を出すところもしっかり存在する、ってことも付け加えておきましょう)。

食べる、のもいいけれど、作るのもいいよね!ってことで、
2017年2月7日(火)づけのイギリスのフードマガジン“Olive Magazine”にあったのはこんな記事。

イギリスでインド料理を習うなら、この学校!
Best Indian cookery courses in the UK
http://www.olivemagazine.com/guides/best-indian-cookery-courses-in-the-uk/?utm_content=bufferbb982&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer


選ばれたのはこちらの学校です。

01. Cinnamon Collection(ロンドン) 
9.30am-3.30pmコース £200

02. Spice Monkey(ロンドン) 
ストリートフードコース £140

03. Food at 52(ロンドン) 
南インド料理コース £145

04. Cooking with Monisha(ロンドン) 
インド料理ウォーク £15

05. Pure Punjabi(ダウントン) 
体験ワークショップ £150

06. Sweet Cumin(サマセット) 
半日コース £85

07. Ashburton Cookery School(デヴォン) 
本格インド料理・週末コース £315

08. Seasoned(ダービーシャー) 
10am-4pmコース £149


あっ、以前、資料を取り寄せた学校もある!
ロンドンにもあるなぁ、行きたいなぁ。
料理学校って通うってイメージですが、ここでピックアップされているのは、
大半が1日、あとは半日、週末と参加しやすいのが、旅行者やまずはの足がかりを探している人にもありがたい。

私は7年前に、ロンドンで中近東料理クラスに参加したことがあり(キャンセル待ちだったのが前日になって空きが出て運よく!)、
これが予備知識がほとんどない(まだ日本で、東京でも食べられるお店自体がほとんどなかった)こともあり、新鮮な驚きで満ちた、非常に刺激的なものでした。
そして、イギリス経由の中近東/地中海沿岸料理がますます好きになったのです。
今回ご紹介したインド料理もそうですが、世界のさまざまな料理が食べられるだけでなく、気軽に学べる場があるのもイギリスのいいところです。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスでの、次なる日本食の目玉はカツカレー? → http://ricorice.exblog.jp/24226785/
○キッチンスタッフ求む! 人手不足に悩むイギリスのレストラン業界 → http://ricorice.exblog.jp/23763775/
○ロンドンでもカツカレーが食べられます! さあ、どこで? → http://ricorice.exblog.jp/24228872/
○イギリスのカレー屋・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/22479756/
○イギリス・カレー週間2013 → http://ricorice.exblog.jp/21177528/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-05-08 00:00 | 順位&セレクト