イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 05月 01日 ( 2 )



e0038047_033080.jpg
深夜2時以降でもちゃんとごはんが食べられる、福岡市中心部の飲食店97軒を集めた
「福岡 深夜ごはん」が、GWに合わせるかのように4月28日(金)に発売となりました。
こちらで(少し)お仕事をしました。

バッグにしのばせておけるハンディサイズです。
地元の方はもとより、旅行や出張でいらっしゃる方、お店探しのご参考にいかがですか。
福岡以外の地域の方はアマゾンで購入可能です。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-05-01 12:00 | お知らせ

e0038047_19122429.jpg
もうね、これは、街を歩いていると肌感覚でわかります。
住んでいると街の風景の移り変わりは日常のひとコマなので意外と見逃しがちですが、
ときどき訪ねると、あれ〜、ここ、こうじゃなかった!というのが目につき、
余計にわかるのかもしれません。

ロンドンの飲食店でいうと、フィッシュ&チップス店、カフ(カフェではない、大衆食堂のような店)、そしてパブの減少の顕著さ。

このことは数字にもはっきりと表れており、
ロンドン市長のサディク・カーン/Sadiq Khanの名前のもと明らかにした情報によると、

2016年現在、ロンドンにあるパブの店舗数は3615(15年前の2001年は4835)。
15年の間に25%減少。
平均で、毎年81軒のパブがロンドンから姿を消している、と。

エリアによる違いもあり、
バーキング・アンド・ダゲナムでは半分以上の56%、
ニューアムでは52%、クロイドンでは45%のパブが消滅。
一方、ハックニーは唯一パブが増加したエリアで、その率は3%。

この減少の大きな理由は、やはりと言うべき、
・スタッフ確保と人件費
・賃料の高騰
です。
(私個人は、ほかの大きな要因として、
 パブ以外の選択肢が大きく増えたこと、
 つまり、飲食店の数やバラエティがぐっと豊かになり、
 もっとこぎれいで気がきいていて飲み物も食べ物メニューも充実した
 ほかのお店に流れるようになった、ってことがあると捉えています。)


カーン市長曰く
「昔も今もパブは憩いの場。
昔ながらの労働者が一杯ひっかける場所からクラフトビールがウリのところまでバリエーションも増えた。
ナイトライフの大事なスポットとしての役割も担っている」

なわけで、カーン市長は
本物のエールビールキャンペーン/Campaign for Real Ale (Camra) に参加したり、
ナイトタイム活性化特命長(っていえばいいのかな?)を設け、エイミー・ラメ/Amy Laméを任命したり、
有名クラブ、ファブリック/Fabricの地元行政による閉店を批判したり、
(余談ですが、ファブリック行ったなぁ、1999年にオープンし、2000〜2001年はまだニューカマーで、勢いがあったクラブでした)
ナイトチューブを運行したり、
と、ナイトライフの活性化に指揮をとっています。

このあたり、ロンドンのナイトライフ活性化については、
24 Hour Londonと銘打ったプランが、市のウェブサイトでも掲載されています。
http://www.scroll.london.gov.uk/24hourlondon/


話を元に戻して、ロンドンのパブが減少しているニュース、
オリジナルは、2017年4月19日(水)づけのロンドンの経済紙“City A. M.”によるこちらの記事です(↓)。
London has lost a quarter of its pubs since 2001, an average loss of 81 pubs per year
http://www.cityam.com/263139/london-has-lost-quarter-its-pubs-since-2001-average-loss-81?utm_source=dlvr.it&utm_medium=dvTwitter


イースターの時期は、イギリスはホリデー・ウィークエンドになり、
イギリス全体ではパブを含む飲食店の売上げは下がったものの、
ロンドンは好調だった模様。
同じく“City A. M.”より、2017年4月12日(水)づけで以下のように報道されています(↓)。
Late Easter hits sales at UK pubs and restaurants in March, but London pushed ahead with growth
http://www.cityam.com/262869/late-easter-hits-sales-uk-pubs-and-restaurants-march-but



~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○キッチンスタッフ求む! 人手不足に悩むイギリスのレストラン業界 → http://ricorice.exblog.jp/23763775/
○イギリスのエリアごとのアルコール事情 → http://ricorice.exblog.jp/22792337/
○減少するパブに歯止めはかかるのか? → http://ricorice.exblog.jp/22198751/
○宵っ張りにうれしいロンドンの飲食スポット12選 → http://ricorice.exblog.jp/24608193/
○Time Outが選ぶロンドンのバー&パブ・ベスト100 → http://ricorice.exblog.jp/24268457/
○ロンドンでクラフトビールが楽しめるパブ&バー50選 → http://ricorice.exblog.jp/24248339/





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2017-05-01 00:00 | イギリスの食ニュース