イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 03月 28日 ( 1 )



e0038047_16454784.jpg

この雑誌を形容するとき、どうしても私は“ヒップでポッシュな旅行マガジン”って言いたくなっちゃうんですよね〜。
それは、アメリカの雑誌「コンデ・ナスト・トラベラー/Condé Nast Traveler」。(ちなみにイギリス版もあります。)


この本国アメリカ版の「コンデ・ナスト・トラベラー」の2017年3月17日(金)づけであったのはこの記事(↓)。
「コンデ・ナスト・トラベラー」USが選ぶロンドンのレストラン・ベスト20
20 Best Restaurants in London
http://www.cntraveler.com/gallery/best-restaurants-in-london


選ばれたのは、以下のレストランです。

e0038047_1646833.jpg01. Caravan(キングス・クロス)
02. Brawn(ベスナル・グリーン)
03. Clove Club(ショーディッチ)
04. The Barbary(コヴェント・ガーデン)
05. Morito(ハックニー)
06. St. JOHN Bread and Wine(スピタルフィールズ)
07. The River Café(ハマースミス)
08. Gymkhana(メイフェア)
09. Chiltern Firehouse(メイフェア)
10. Polpo(ソーホー)

e0038047_1646273.jpg11. The Wolseley(メイフェア)
12. Kiln(ソーホー)
13. Bao(ソーホー)
14. Dishoom(ショーディッチ)
15. Spring at Somerset House(トラファルガー・スクエア)
16. The Magazine at Serpentine(ハイド・パーク)
17. Ottolenghi(イズリントン)
18. Rochelle Canteen(ショーディッチ)
19. Dinner(ナイツブリッジ)
20. Clipstone(フィッツロヴィア)


いつもイギリス発の情報をみている私にとって、ときどきチェックするアメリカ発のイギリスの情報は新鮮です。
お店のセレクションもさることながら、テキストが!
イギリスのメディアの場合は、多少なりとも“イギリスの地理や食シーンを知っている”ことが暗黙の了解で話が進められますが、アメリカのメディアによるイギリスの紹介では、この前提は成立せず、“イギリスの地理や食シーンを知らない”人を対象に話が進められる。
なので、噛み砕いたような親切さがあります。
外部の人間は情報をこう取り扱うべし、のひとつのお手本、かもなぁ。

そして、セレクションでいうと、だからこそ、07のThe River Caféのような店が選ばれているんだろうなぁ。
この店がナチュラルテイストで本格イタリアンを打ち出したのは1980年代後半。
一躍話題になり、また、ここで働いていたジェイミー・オリヴァー/Jamie Oliverが抜擢されて、BBCで『The Naked Chef』が制作されたのは有名な話。
実際に行ったイギリス人の評判は、少なくとも私の周りは、う〜〜〜〜ん。。。

とはいえ、この企画で取り上げられたり、また、イギリスのレストランガイド『Harden’s』のランキングで常連だったりするってことは、どこかしら魅力があるわけで。
重い腰をあげて、やっぱ行くとするかな。
問題は足! アクセスがよくないのよねぇ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○最新・ロンドンで行くべきレストラン30選 → http://ricorice.exblog.jp/24603418/
○2016年話題になったロンドンのレストラン、カテゴリー別・トップ10 その2 → http://ricorice.exblog.jp/25015433/
○2015年話題になったロンドンのレストラン、カテゴリー別・トップ10 その2 → http://ricorice.exblog.jp/23959945/
○割包@バオ/Bao(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/24188784/
○日本風アフタヌーンティー@マガジン・レストラン/The Magazine Restaurant(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/22477020/
○朝食@オトレンギ/Ottolenghi(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/24033167/
○テイクアウェイ@オトレンギ/Ottolenghi(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/18365143/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-03-28 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)