イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 03月 12日 ( 1 )



e0038047_1141445.jpg
口に入れたときにほろっととろけるような食感があることが名前の由来。
だから、このお菓子の名前は、直訳すると“とろける瞬間”。
ノスタルジックな趣があり、ちょっと乙に澄まして食べたいビスケットです。

メルティング・モーメントはオートミールをまぶし、ドレンチェリーを飾るのが特徴。
作ってから2、3日中に食べるのがベストです。

<材料(24個)>
薄力粉……150g
ベーキングパウダー……小さじ1
バター……100g
グラニュー糖……75g
卵黄……1個分
バニラエッセンス……2〜3滴
オーツ……10g
ドレンチェリー……6個
e0038047_134172.jpg


<作り方(調理:30分 オーブン:10〜15分×2回)>
下準備
*バターを室温でやわらかくしておく。
*天板にクッキングシートを敷いておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
e0038047_14316.jpg


1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、2〜3度ふるう。ドレンチェリーを1/4に切る。
e0038047_145265.jpg

e0038047_143483.jpg

e0038047_141527.jpg

2. ボウルにバターとグラニュー糖を入れ、軽く白っぽくなるまでかき混ぜる。
e0038047_16473.jpg

e0038047_154923.jpg

e0038047_153799.jpg

3. 2に卵黄を加えて、混ぜる。
e0038047_171389.jpg

e0038047_17386.jpg

e0038047_164922.jpg

4. 3に1のふるった薄力粉とベーキングパウダー、バニラエッセンスを加える。
e0038047_175117.jpg

5. ざっくり混ぜたら、手で生地をひとつにまとめる。
e0038047_183180.jpg

e0038047_1863.jpg

e0038047_18466.jpg

6. 5の生地を24個に分割する(1個の分量は小さじですくった程度)。
e0038047_194288.jpg

e0038047_192720.jpg

7. 6の生地を丸め、オーツをまぶし、天板におく。
※次の8の工程で、やや平たくすることもあり、このとき、しっかり間隔をあけること。
e0038047_110525.jpg

e0038047_1103550.jpg

e0038047_1101811.jpg

8. 7の生地の中央にドレンチェリーをやや押すようにして、おく。
e0038047_1114320.jpg

e0038047_1112559.jpg

9. 180℃のオーブンで10〜15分焼く。
e0038047_1123347.jpg

e0038047_1121593.jpg

10. 焼き上がったら網の上で冷ます。
e0038047_1124668.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-03-12 00:00 | イギリス菓子・レシピ