イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 03月 11日 ( 2 )



e0038047_0205751.jpg
福岡のグルメマガジン「ソワニエ」vol.42に寄稿しました。
今号の大特集は“私、この店愛してます。”

料理家、プロなどいくつかのカテゴリーで構成されており、
今回私が寄稿したのは、編集スタッフ枠で。
選んだのは、あのお店です。
と書いていると、行きたくなってうずうずするなぁ(笑)。
えっ、どこかって? それは誌面を見てのお楽しみ!ということで。
e0038047_0211820.jpg



「ソワニエ」vol.42は3月10日より店頭に並んでおります。
書店やコンビニでの実売は福岡を中心に九州エリアですが、今の時代ですもの、アマゾンでぽちっとすることも可能。
ぜひ、お手にとってご覧ください!

ソワニエ Vol.42 2017年3・4月号


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-03-11 12:00 | お知らせ

e0038047_02651.jpg

最初に知ったときの私個人の感想としては、あれっ? 今までリストになかったんだ〜!と、そっちにびっくり。

それは、イギリス産スパークリングワインがブリティッシュ・エアウェイズ/British Airwaysで提供されるってニュース。
2017年2月28日(火)には、ワインメディアの権威“デカンタ/Decanter”が、翌3月1日(水)には“English Wine Producers”が以下のように伝えています。

デカンタの記事
British Airways serve English sparkling wine
http://www.decanter.com/wine-news/british-airways-english-sparkling-wine-first-class-356176/


English Wine Producersの記事
A SPARKLING START TO FLYING FIRST WITH BRITISH AIRWAYS
http://www.englishwineproducers.co.uk/news/latest/a-sparkling-start-to-flying-first-with-british-airways/



ブリティッシュ・エアウェイズが初となるイギリスのスパークリングワインに選んだのは、
ボルニー・ワイン・エステイト/Bolney Wine Estate Vintage Blanc de Blancs

ファーストクラスで半年間サーヴされます。
シャンパーニュメニューとして、
ローラン・ペリエ/Laurent Perrier Grande Siècle
ジャカール/Jacquart Mosaique Rosé
と肩を並べる模様。

e0038047_23515127.jpg昨年、2016年、ブリティッシュ・エアウェイズのファーストクラスではシャンパーニュ(スパークリングワイン)16万本、赤ワイン13万3000本、白ワイン15万本が消費されました。
今年はそこに、ボルニー・ワイン・エステイトのスパークリングワインが加わるわけです。

ところで、イングリッシュワインといえばスパークリングが定石なのですが、実はブリティッシュ・エアウェイズが泡よりも先にチョイスしたのは、スティル。2年前の2015年のことです。
気になるワインは、今回選ばれたスパークリングワインと同じく、イングランドはサセックスにあるワイナリー、ボルニー・ワイン・エステイトの白ワインで、ピノ・グリ/Pinot Gris(↓)。
English wine makes British Airways first class list
http://www.decanter.com/wine-news/english-wine-makes-british-airways-first-class-list-266697/


スパークリングワインよりもスティルの白ワインが先で、しかもピノ・グリというのは、なんだか意外な印象ですが、これが事実。
おもしろいなぁ。
なにごとも自分の思い込みありきで物事を見てはいけない好例かもしれませんね。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○売り切れ必至! 正真正銘、女王陛下の英スパークリングワイン → http://ricorice.exblog.jp/25251854/
○過去最大量のイギリスのスパークリングワイン、アメリカに輸出される → http://ricorice.exblog.jp/24646719/
○リッツ・ロンドンのワインリストにイングリッシュワインが加わる → http://ricorice.exblog.jp/24583385/
○グラストンベリーでもイングリッシュワインがふるまわれる → http://ricorice.exblog.jp/24484454/
○リッジビューとチャペル・ダウン、イギリス政府の公式ワインに選ばれる → http://ricorice.exblog.jp/24427401/
○イギリスのスパークリングワイン → http://ricorice.exblog.jp/23361253/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-03-11 00:00 | イングリッシュワイン