イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 03月 08日 ( 2 )



e0038047_1071123.jpg

2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のイスラエル代表が注目を浴びていますね。

e0038047_1026316.jpg私の場合は、どうしても食(笑)。
イスラエルには行ったことはないのですが、ここ10年ほど私はイギリスでの、イスラエルをはじめとしたモダン地中海/中近東料理にはやられっぱなし! 
ロンドンでは、“食べる”だけでなく、料理クラスに参加して“学ぶ”ことも。

私が“イギリス経由イスラエルをはじめ地中海沿岸/中近東料理”にひかれる理由は、
・シンプルな味つけで食べやすい
・野菜たっぷり
・ハーブやスパイス使いの絶妙さ
などなど。
つまり、素材の風味を活かしてシンプルに和えたり焼いたりしたものが多いんです(コテコテ濃厚なものでなく)。
現地そのままだったら、もしかしたら風味を強さを前面に感じて、私もここまで夢中になったかどうか???ですが、
イギリス経由のモダンアレンジは、ワンクッションおきマイルドにして、インターナショナルに作り直したもの。
これが実にいいんだな!


なわけで、イギリスの料理クラスで習ったり、飲食店で食べたりして、作成した
<私のレシピ>
はこちら(↓)。

e0038047_1059561.jpg○マニーシュ【Maneesh】
http://ricorice.exblog.jp/24605512/

○ヒヨコ豆の平パン【Chickpea Flatbreads】
http://ricorice.exblog.jp/23365495/

e0038047_1103390.jpg○焼きナスのディップ【Baba Ghanoush】
http://ricorice.exblog.jp/23265363/

○フムス【Houmous】
http://ricorice.exblog.jp/14715151/

○タブーレ【Tabbouleh】
http://ricorice.exblog.jp/20944167/

e0038047_10114112.jpg○ソラマメのニンニクとコリアンダー風味【Broad Beans with Garlic and Coriander】
http://ricorice.exblog.jp/24414462/

○イカのスパイス炒め【Spicy Grilled Squid】
http://ricorice.exblog.jp/23433635/

e0038047_1018197.jpg○タコの地中海風【Octopus with Chilli】
http://ricorice.exblog.jp/24483932/

○カリフラワーのゴマソース和え【Fried Cauliflower with Sesame Sauce】
http://ricorice.exblog.jp/23977835/

e0038047_1144095.jpg○サバとサニーレタスのサラダ【Mackerel and Leaf Lettuce Salad】
http://ricorice.exblog.jp/9544459/

○ジャガイモのコリアンダー風味【Spicy Potatoes with Coriander】
http://ricorice.exblog.jp/23758388/

e0038047_1020245.jpg○ターキッシュ・ディライト【Turkish Delight】
http://ricorice.exblog.jp/23612494/

○洋ナシのエキゾティック・コンポート【Pear Compote in Middle Eastern Style】
http://ricorice.exblog.jp/24691358/


まだまだありますが、まずは代表的なものを。
ほかにもこちら(↓)でご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。
http://ricorice.exblog.jp/i18/


そして、あんまりアップデイトできていませんが、
<ロンドンのイスラエルなどをベースにしたモダン地中海/中近東料理飲食店レポート>
についてはこちら(↓)。

e0038047_10211384.jpg○朝食@オトレンギ/Ottolenghi(ロンドン)
http://ricorice.exblog.jp/24033167/

○テイクアウェイ@オトレンギ/Ottolenghi(ロンドン)
http://ricorice.exblog.jp/18365143/


こういった、“イギリス経由イスラエルをはじめ地中海沿岸/中近東料理”をテーマにしたインスタグラムもこっそりやってます(↓)。こっそりです(笑)。
https://www.instagram.com/ns_maze_canteen/


ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)をきっかけに、イスラエルをはじめとする地中海沿岸/中近東の料理や食も注目されるといいな!




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-03-08 12:00 | 順位&セレクト

2017年2月のトップ10


3月に入り、春の足音も聞こえてきました。
前の月の当ブログの記事別アクセスランキング、2017年2月のものをご紹介します。


e0038047_06548.jpg01. アフターエイトは初めて知った大人のミントチョコレート
懐かしさにつられて。ナイトキャップにおすすめのチョコレートです
http://ricorice.exblog.jp/24096564/

02. ジャファケーキってケーキ? ビスケット?
その定義をめぐって裁判にまで発展したイギリスのお菓子とは?
http://ricorice.exblog.jp/22954872/

e0038047_062448.jpg03. <レシピ> ケジャリー【Kedgeree】
インドの影響が感じられる、イギリス風カレーピラフ。朝食にも食べられます
http://ricorice.exblog.jp/9362423/

04. イギリスで行きたいベイクショップ・ベスト7
パン屋さん&ケーキ屋さんから注目のお店が選ばれています
http://ricorice.exblog.jp/25307911/

e0038047_064054.jpg05. <レシピ> ショートクラスト・ペイストリー【Short Crust Pastry】
パイやタルトに敷く底生地で、イギリス菓子における練り込みパイ生地
http://ricorice.exblog.jp/21363785/

06. <レシピ> チキン・ボルティ【Chicken Balti】
イギリスを代表するカレーのひとつで、バーミンガムの名物料理
http://ricorice.exblog.jp/25282496/

e0038047_073398.jpg07. 断言する! 村上春樹はノーベル賞を獲れない
「You Say You Want a Revolution? Records and Rebels 1966-1970」を鑑賞して
http://ricorice.exblog.jp/25393074/

08. ドーセット ティーって、イギリスのこんな紅茶ブランドです
現在、私はアンバサダーをつとめています。ハーブティーに良品多し
http://ricorice.exblog.jp/23952127/

e0038047_08280.jpg09. <レシピ> ティプシー・ケーキ【Tipsy Cake】
たっぷりのアルコールに染み込ませて作る“ほろ酔い”ケーキ
http://ricorice.exblog.jp/25165619/

10. ドイツのスーパーマーケットがイギリスを征服!
激安スーパー、アルディリドルの勢いは止まりそうにありません
http://ricorice.exblog.jp/25264915/


e0038047_01163.jpgおなじみのお菓子記事、
01. アフターエイトは初めて知った大人のミントチョコレート
02. ジャファケーキってケーキ? ビスケット?
がワンツー・フィニッシュ。
ごく最近の記事ではないこの2本が、定番として読んでいただいていることは、本当にうれしいです。

e0038047_085580.jpg私自身がとりわけ思い入れ(?)のある記事は、
10. ドイツのスーパーマーケットがイギリスを征服!
勢いが止まらないこの状況! 時代の変化はこういうところに端的に現れますね〜。

新刊『騎士団長殺し』が2017年2月24日に発売された村上春樹。彼とノーベル賞について、ある展示をきっかけに確信したことを綴ったのがこちらの記事(↓)。
07. 断言する! 村上春樹はノーベル賞を獲れない
これ、アップデイトしてからしばらくは圧倒的なアクセス数で、村上春樹の人気の高さを感じ入った次第です。



先月もたくさんの方にアクセス&ご拝読いただきました。
どうもありがとうございます! この場を借りて、お礼申し上げます。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○2017年1月のトップ10 → http://ricorice.exblog.jp/25288312/
○2016年12月のトップ10 → http://ricorice.exblog.jp/25121717/
○2016年11月のトップ10 → http://ricorice.exblog.jp/25025897/
○2016年10月のトップ10 → http://ricorice.exblog.jp/24818824/
○2016年9月のトップ10 → http://ricorice.exblog.jp/24695442/
○2016年8月のトップ10 → http://ricorice.exblog.jp/24637786/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-03-08 00:00 | 順位&セレクト