イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 03月 05日 ( 1 )



e0038047_204122100.jpg
『ガリヴァー旅行記』などの作品で知られる、ジョナサン・スウィフトの好物だったのが、
アイルランドの首都の名前を冠した、この伝統料理。
同じくアイルランドの作家、ジェイムズ・ジョイスの作品にも登場します。

ダブリン・コドルは、単にコドルと呼ばれることもあります。
アイルランドを代表する料理として知られる、アイリッシュ・シチューの
ラム肉をソーセージとベーコンに変えた内容の料理で、
寒い季節にぴったりの一品です。

アイリッシュ・シチュー同様、ジャガイモとタマネギを使いますが、
これ、もともとはリークとオートミール、または大麦を使っていたそう。
しかし、現在ではジャガイモとタマネギが一般的。
私のレシピもジャガイモとタマネギを使うタイプです。
また、この料理は魚の金曜日/Fish Fridayの前日、
ソーセージとベーコンを使い切るための、木曜日の食事の定番だったようです。

コドルとは“水に入れて煮る” “とろ火で煮る”という意味。
その名のとおり、材料を鍋に入れ、コトコト煮るだけの簡単料理です、

この手のコンソメとソーセージを使うスープ/シチュー料理で、ときどき私がやるのが、
最後にほんの数滴、風味づけに醤油を加えること。
すると、ごはんと合わせても違和感のない一品となります。

<材料(2人分)>
ソーセージ……100g
ベーコン……25g
タマネギ……小1個半(約200g)
ジャガイモ……大1個(約200g)
パセリ……大さじ1
水……適量(450ml程度)
コンソメ……1個
塩・コショウ……適量
e0038047_20414080.jpg


<作り方(調理:20分 煮込み:40分)>
1. タマネギは皮をむき、縦半分に切り、1.5cm幅にスライスする。ジャガイモは皮をむき、1.5cm幅にスライスする。パセリはみじん切りにする。ベーコンは3cm幅に切る。
e0038047_20434345.jpg

e0038047_20433396.jpg

e0038047_20432324.jpg

e0038047_20431167.jpg

e0038047_20425935.jpg

e0038047_20423738.jpg

e0038047_20422656.jpg

e0038047_20421412.jpg

e0038047_2042416.jpg

e0038047_20415114.jpg

2. フライパンを熱し、ソーセージとベーコンを軽く色づくまで炒める。
e0038047_20445484.jpg

e0038047_20442960.jpg

3. 鍋にマネギを入れ、覆う気持ちでジャガイモをおき、ソーセージとベーコンを入れ、みじん切りしたパセリ、塩・コショウを加える。
e0038047_20463215.jpg

e0038047_20462121.jpg

e0038047_2046917.jpg

e0038047_20455719.jpg

4. 3にひたひたになるぐらいまで水を入れる。
e0038047_20471433.jpg

e0038047_2047059.jpg

5. 上部をアルミホイル/クッキングシートをかぶせる。
e0038047_20473058.jpg

6. ふたをして、弱火で約40分煮込む。
e0038047_20475331.jpg

e0038047_20474256.jpg





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-03-05 00:00 | イギリス料理・レシピ