イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 02月 10日 ( 1 )



イギリスの国民的スポーツのひとつ、サッカー(英語ではフットボール/football)。
庶民のスポーツとしておなじみ、人気も圧倒的で、
“ワーキングクラスがリッチになるにはサッカー選手かミュージシャン”
なんて言われていました。
しかし、それも過去のこととなりつつある今、こんなサッカー・スタジアムが2018年8月にお目見えします(予定)。

場所はロンドン北部。
プレミアリーグのトッテナム・ホットスパー・フットボール・クラブ/Tottenham Hotspur Football Clubの新スタジアムがそれ。
これまでのサッカースタジアムのイメージを一新するような大型かつポッシュな施設が造成されます。

スタイリッシュなバー、マイクロブルワリー、インストア・べーカリーを備え、食の面に力を入れているのが特徴。
ここまで腰を据えて食に注力したスタジアムはこれまでなかったのでは?
「スポーツ観賞だけでなくエンターテイメントスポットとして楽しんで欲しい」とは、同クラブ会長のダニエル・リーヴィの弁。


当ブログでは、まずは食の面にスポットを当ててのご紹介ですが、一番の話題はその収容人数でしょう。
一度に6万1.000人を擁することができ、この規模の会場ってないんですよね〜。

"サッカーの聖地/ The Home of Football"と称され、数々の大物ミュージシャンのコンサート会場としても利用されるウェンブリー・スタジアム/Wembley Stadiumで7万5,000〜9万席( + スタンディング1万5,000人)。
その次のクラスの大型会場となると、旧ミレニアム・ドームのO2アリーナ/The O2で、こちらの収容人数は2万人。
このギャップは大きいですねぇ。
そこを埋める役割をトッテナム・ホットスパーFCの新スタジアムは果たしてくれそうです。


私の予想。
彼女はすでにウェンブリー・クラスのアーティストですが、
アデル/Adeleが、杮落しかなんだかの重要なイベントで登場するのでは?
というのも彼女の出身地であり、自身がサポーターだから、なんですよね〜。
なんて、えばっていかにもな顔つきで言っていますが、こんな真っ当な予想をするの、私だけじゃないか。。。


最後に。
以下、この記事のニュースソースです。
Tottenham Hotspur: New stadium images revealed
http://www.bbc.com/news/uk-england-london-38682911l


New Tottenham Hotspur stadium to double up as a music venue
http://www.nme.com/news/music/new-tottenham-hotspur-stadium-music-venue-1966954?utm_source=facebook&utm_medium=social


BBCは2017年1月20日(金)、NMEは2017年2月4日(土)に伝えています。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○デリア・スミス【Delia Smith】 → http://ricorice.exblog.jp/5454143/
○ユーロ2016フランス、ですよ〜! → http://ricorice.exblog.jp/24442438/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-02-10 00:00 | イギリスの食ニュース