イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<イギリス・レシピ> アイリッシュ・シチュー【Irish Stew】


e0038047_22373127.jpg
イギリスのおふくろの味。イギリス版肉ジャガと称されることもあります。
手持ちの資料によると、19世紀初頭にアイリッシュ・シチューと命名され、
ヴィクトリア朝時代にはミドルクラス(中産階級)の料理だったようです。
正しい材料は諸説あり、作り方に関してもいろいろで、
材料にニンジンやリークを入れるものや、スープストックを使うレシピもあります。
私自身の好みはこのいたってシンプルな材料と作り方。
キャセロール料理としてオーブンを使うようですが、手軽に鍋で作ってみました。

肉はラムかマトンが本筋。牛肉でもいいとか。羊は首回りの肉(フィレ)か赤身肉がよいようですが、入手しづらいのでラムチョップを。骨付きなので、よいダシが出るような気もします。
パセリは茎も捨てずに、ブーケガルニの要領で使いましょう。
記した野菜の大きさはあくまで目安。薄く細かく、よりは、ざっくりぐらいがおすすめです。
ジャガイモを最後にのせたり、アルミホイルやクッキングシートをかぶせたりしていますが、
面倒なら材料はラフに入れ、カバーなしでもOK。途中、煮詰まったら、水を適宜補いましょう。

合わせるのはぼそぼそして酸味のあるソーダブレッドがベスト。ダンプリングと合わせることもあるようです。
身近なところでは、ふわふわの白いパンよりは、全粒粉などを使った滋味深いパンの方がマッチします。

<材料(2人分)>
ラムチョップ……4枚
タマネギ……1個
ジャガイモ……2個
パセリ……1枝
水……適量(450ml程度)
塩……小さじ1
コショウ……適量
e0038047_2237512.jpg


<作り方(調理:15分 煮込み:40分)>
1. タマネギは皮をむき、縦半分に切り、1.5cm幅にスライスする。
e0038047_22381229.jpg

2. ジャガイモは皮をむき、1.5cm幅にスライスする。
e0038047_22383187.jpg

3. パセリは葉と茎の部分を分け、茎は適当な長さに折って束ね、タコ糸で縛る。
e0038047_22385115.jpg

4. パセリの葉はみじん切りにする。
e0038047_2239825.jpg

5. 鍋にラムチョップとタマネギを入れ、塩、コショウ、束ねたパセリの茎、みじん切りにしたパセリを入れる。
e0038047_22392639.jpg

6. 5を覆う気持ちでジャガイモをおく。
e0038047_22394943.jpg

7. ひたひたになるぐらいまで水を入れる。
e0038047_2240951.jpg

8. 上部をアルミホイルかクッキングシートをかぶせる。
e0038047_22402686.jpg

9. ふたをして、弱火で約40分煮込む。
e0038047_22404437.jpg

10. 束ねたパセリの茎を外し、皿に盛る。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2008-12-03 22:45 | イギリス菓子・レシピ