イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<イギリス菓子・レシピ> クイーン・オブ・プディングス【Queen of Puddings】


e0038047_06065226.jpg
数あるプディングの女王、といったところでしょうか。
名前のpuddingが単数ではなく複数であることが、それを物語っているような気がします。

イギリスの伝統的なプディングのひとつで、その歴史は17世紀まで遡ることができます。
しかし、なぜ、クイーン(女王)の名がついたのか、はっきりとはわかっていませんが、
それまでいくつかの名称を持っていたのはこのプディングが
20世紀初頭、この名前に落ち着いたのは、
時の女王、ヴィクトリアにあやかったからではないか、とされています。
そのせいか、第二次世界大戦後のレシピからは、そのほとんどが、
クイーン・オブ・プディングスもしくはクイーンズ・プディング/Queen’s Puddingとなっています。

古いレシピに見られるように、このクイーン・オブ・プディングスもまた、
身近な材料を使って作るシンプルデザート。
パン粉を使うあたり、食べ物をムダにしない心持ちが読み取れるようです。

決して重い食感ではなく、メレンゲものっていて、むしろ軽めの口当たりですが、
ほっこりとした雰囲気のプディングなので、
暑い時季ではなく、寒い季節にたっぷりのミルクティーを一緒に食べる方が向いています。

食べるときはそのままでもカスタードを添えてもよし。
私のレシピは、レモンをきかせ気味にしたので、このままで充分おいしく食べられます。

<材料(4人分)>
パン粉……50g
バター……25g
牛乳……300ml
卵……2個
グラニュー糖……大さじ1+60g
レモン……1個
ラズベリージャム……大さじ2
e0038047_06072223.jpg


<作り方(調理:50分 オーブン:45分)>
下準備
*耐熱皿にバターを塗っておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
e0038047_06075999.jpg


1. レモンの皮をすりおろし、レモン汁を搾る。
※レモン汁は大さじ3必要。
e0038047_06092590.jpg

e0038047_06095607.jpg

e0038047_06102596.jpg

e0038047_06105577.jpg

e0038047_06112445.jpg

2. ボウルにパン粉を入れる。
e0038047_06115996.jpg

3. 小鍋にバター、牛乳、グラニュー糖大さじ1を入れ、弱火にかける。
e0038047_06122921.jpg

4. 3のバターがとけたら火からおろし、2に注ぎ、15分そのままにしておく。
※15分おくことで、パン粉に3を吸わせる。
e0038047_06130331.jpg

e0038047_06133432.jpg

e0038047_06140306.jpg

5. 卵は卵黄と卵白に分け、それぞれボウルに入れる。
e0038047_06143731.jpg

6. 卵黄を軽く泡立てる。
e0038047_06150888.jpg

e0038047_06154404.jpg

7. 4に1のレモンの皮をすりおろしたものを加え、混ぜる。
e0038047_06161458.jpg

e0038047_06164542.jpg

e0038047_06171417.jpg

e0038047_06174539.jpg

e0038047_06181459.jpg

8. 7に6の軽く泡立てた卵黄を加え、混ぜる。
e0038047_06185400.jpg

e0038047_06192446.jpg

e0038047_06195419.jpg

e0038047_06202385.jpg

9. 準備しておいた耐熱皿に8を流し入れ、表面をならす。
e0038047_06205703.jpg

e0038047_06212770.jpg

e0038047_06215792.jpg

e0038047_06222622.jpg

10. 180℃のオーブンで30分焼く。
e0038047_06230362.jpg

11. メレンゲを作る。卵白を泡立て、グラニュー糖60gを少しずつ加え、さらに角がピンと立つまで泡立てる。
e0038047_06233477.jpg

e0038047_06240501.jpg

e0038047_06243551.jpg

e0038047_06250426.jpg

e0038047_06253552.jpg

e0038047_06260557.jpg

e0038047_06263578.jpg

e0038047_06270504.jpg

e0038047_06273507.jpg

e0038047_06280567.jpg

12. 10を取り出し、ラズベリージャムを塗り、11のメレンゲを表面を覆うようにのせる。
e0038047_06290752.jpg

e0038047_06293773.jpg

e0038047_06300689.jpg

e0038047_06303766.jpg

e0038047_06310724.jpg

e0038047_06312800.jpg


13. 表面をならし、パレットナイフなどでペタペタしながら模様をつける。
e0038047_06360982.jpg

e0038047_06361761.jpg

e0038047_06362627.jpg

e0038047_06363427.jpg

14. 150℃のオーブンで15分、表面に焼き色がつくまで焼く。
e0038047_06365396.jpg

e0038047_06370375.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-12-03 00:00 | イギリス菓子・レシピ