イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

イギリスのフムス食べ比べ


e0038047_00023459.jpg

日本でもぼちぼち見るようになった、かなぁ。
地中海沿岸地域、中近東諸国で親しまれている料理の代表格といえば、フムス。要はヒヨコ豆のディップで、ピタパンをはじめ、バゲットのスライスやクラッカーにのせて食べます。
食事としてはもちろん、お酒のお供にもいいんだなっ!

イギリス、ロンドンには昔から中近東料理店はあったものの、
俄然メインストリームに躍り出たのは2000年頃から。
そう、モダン中近東料理の台頭です。
その先鋒となったのは、オトレンギ/Ottolenghi
その後、キッチュさが魅力のカンティーン風のコントワール・リバネ/Comptoir Libanaisも出て来て、
ロンドンの中近東料理はすっかりおなじみとなった感があります。

そんなわけで、2017年6月28日(水)づけのイギリスの新聞、ガーディアン/The Guardianにあったのはこんな記事。
イギリスのフムス食べ比べ
Hummus taste test: which supermarket brand raises the pulse?
https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2017/jun/28/hummus-taste-test-which-supermarket-brand-raises-the-pulse


私が大大大好きな、“スーパーマーケットのPB食品を食べ比べる”がテーマの連載の最新のテーマは、そう、フムスです。

イギリスのスーパーマーケットでフムスが販売されるようになったのは、1988年。
30年ほど前で、当時はヒッピーが好んで食べていたとか。
2013年の調査では、イギリスの家庭の41%でフムスが冷蔵庫に入っているとか。

確かに!
私の友人宅の冷蔵庫でフムスをよく見るようになったのは、2010年以降だと思います。
実際にイギリスでのフムスの消費はほかのヨーロッパ諸国より多く、その額、2013年は1億8000ポンドにのぼるとか!

では、話を元に戻して。
ガーディアンの“イギリスのフムス食べ比べ”における評価は以下のとおりです。

01. M & S Velvet houmous £1.50(170g)
3点(10点満点中)

02. Morrisons, Classic houmous £1.10(200g)
4点(10点満点中)

03. Ocado, houmous £1.21(200g)
6点(10点満点中)

04. Sainsbury’s, houmous £1.30(230g)
2点(10点満点中)

05. Aldi, The Deli classic houmous 55p(200g)
1点(10点満点中)

06. Waitrose, extra-virgin olive oil houmous £1.65(200g)
4点(10点満点中)

07. Tesco, organic houmous £1.10(200g)
8点(10点満点中)

08. Co-op, houmous £1.09(200g)
6点(10点満点中)

09. Asda, organic houmous £1(200g)
4点(10点満点中)


これまでのシリーズのなかで、辛口の評価に属します。
フムスの作り方は、缶詰めのヒヨコ豆と調味料を、が〜っとフードプロセッサーに回すだけ( → http://ricorice.exblog.jp/14715151/)。
だったら作ればいいじゃん、と思うかというと、それは好き好き。
ちょっとの手間といえばそれまでですが、そのちょっとの手間が惜しいことは日常生活ではままあるしね。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○<イギリス料理・レシピ> フムス【Houmous】 → http://ricorice.exblog.jp/14715151/
○朝食@オトレンギ/Ottolenghi(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/24033167/
○テイクアウェイ@オトレンギ/Ottolenghi(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/18365143/
○イギリスのクロワッサン食べ比べ → http://ricorice.exblog.jp/25861478/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-08-16 00:00 | 順位&セレクト