イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

カレーブッフェ@ライジング・サン/Rising Sun(ロンドン)


e0038047_00482685.jpg

私にはスリランカ出身のイギリス人の友人がいて、渡英のたびにお世話になっています。
彼女は料理でもてなしてもくれることがあり、
これがスリランカの料理か!と思いながら毎回おいしくいただくわけです。

昨秋のロンドン訪問のときはちょっと様子が違っていて
「ノリコがいる間に何か料理作ろうかな、って思ったけど、最近まったく台所に立つ気がしないののよねぇ」と。
まあ、そういうときもあるよね〜。
そこで私は逆にこれ幸いと
「あっ、じゃあ、ごはん食べに行こうよ! 食べてみたいものがあるの」。

私がそのとき、食べてみたい!と思っていたのはホッパー。
ホッパーとは米粉をココナッツミルクでのばして、薄く焼き上げたクレープのようなもので、スリランカでは朝食でおなじみ、だそうです(朝食、と決まっているわけではなく、夕食でも食べるとか)。
南インドでは、アーッパと呼ばれます。

これまで彼女が作ってくれた料理にも、これまで私が日本で食べたスリランカ料理にもホッパーはなく(見逃してた?)、
というのも専用の、中華鍋をふたまわりほど小さくしたような丸みのあるフライパンが必要なんですね。
なので、焼き上がったホッパーは平たくなく、ボウルのような形状をしています。

私がホッパーを知ったのはここ数年ほどのことで、
ロンドンのストリートフードなどで見るようになり、
また、ロンドンはソーホーにあったKoyaといううどん屋さんが、
その名もホッパーズ/Hoppersというスリランカ料理店に変わりまして、
これは食べねば!と思い焦がれてしまったわけです。
(ちなみに、このホッパーズ/Hoppersは、GymkhanaTrishnaMotuといった高級&モダンなインド料理店を手がけているファミリーが経営。ホッパーズ/Hoppersも当然、モダン&おしゃれ路線な今どきのお店です)


そんなわけで、ホッパーズ/Hoppers行きを提案したんです。
すると
「あ〜、あの店ね。行ったよ〜。いいんだけどね、やっぱね、ポッシュで安くはないんだよね〜。まあ、ロンドン中心部だし時代だし、そんなもんなんだけど。ホッパー食べたいんだったら、別のお店に連れてってあげるよ」

そんなわけで、日時をすり合わせて向かったのは、土曜日の夜。
場所は、地下鉄ピカデリー・ラインでゾーン4にあるSudbury Hill駅からすぐのところにある、ライジング/Rising Sun
http://www.risingsunhotels.com/
e0038047_00424350.jpg


ここはスリランカ&南インド料理店で、
彼女が私をここ!と太鼓判を押して連れていってくれた理由は、
エッグホッパーもだけれど、週末は£20(飲み物別)でブッフェを提供しているから。

e0038047_00430354.jpg
店のドアを開けて、えらい賑やかだなぁと思ったら、結婚パーティーの真っ最中。
ミラーボールとカラフルなライティングがまぶしく、ステージにはマイクを持った司会者がいて、音楽が奏でられ、踊る人もいて、きれいにドレスアップ人たちが100人はいようかという様相。

あれ〜っ、席あるのかな?と思ったら、
エントランスを入って左手に小さな部屋があり、そこがその日の一般の人用のスペースとなっていました。

パーティー会場を横切って、いざブッフェへ。
料理の種類はそう多くなく、カレーが6種類。
・チキン/Chicken Devil
・マトン/Mutton
・魚/Fish
・ダル(豆)/Dhal
・豆とカシューナッツ/Bean & Cashew
・ナスのピクルス/Aubergine Moju
e0038047_00432858.jpg


これにごはんやらヌードルやらビリヤニ(私の大好物!)やら、ストリートフードの定番、日本の焼うどんのような立ち位置の、コット・ロティ/Kothu Rotiやら、
七味唐辛子のように自分で好みの辛さに調整できる調味料やら、野菜料理やら。
e0038047_00435769.jpg

e0038047_00440591.jpg

e0038047_00441382.jpg

e0038047_00442476.jpg


私が気に入ったのは、セリ科のハーブ、ゴツコラとカシューナッツの炒め物。
シャリッとしたゴツコラが、適度な辛さの味つけでナッツのうま味と合わさって、
辛かったりコクのあったりするカレーの途中途中に食べると、これがちょうどいい!
e0038047_00461951.jpg


肝心のホッパーも食べました。
卵をのせてエッグホッパーで。
4つのコンロで次々と作ってくれ、その手際のよさも眺めていて楽しい。
e0038047_00463829.jpg

e0038047_00464330.jpg


ホッパーは薄くバリバリで、まずは食感がいい。
ただね、ココナッツミルクを使っているので、私には料理として食べるには甘いなぁ、という印象。
辛いカレー類と食べてちょうどいい、ということなんだろうけど。
エッグホッパーにすると塩・コショウもふってあり、う〜ん、私にはちょっとミスマッチかな〜。

ホッパーはむしろ、甘いおやつとして食べたい!
シンプルにそのままで、またはバナナのせたり、ハチミツをかけたり、アイスクリームをトッピングすると断然よさそーよ!

e0038047_00472379.jpg

e0038047_00473193.jpg
そんなわけで、ブッフェは2回お替わりして、ビールを飲んで、
フルーツカクテルにヨーグルトを合わせたもの(これ、好き!)、
カラメルプリンをこっくりさせたようなデザート(名前、忘れた!)を食べて終了。
e0038047_00475602.jpg

e0038047_00480250.jpg



スリランカ料理の経験値がそんな高いわけではないけれど、
おそらくオーソドックスな料理を出しているんだろうなぁ、と推察されます。
だからこそ、スリランカ出身の友人が案内してくれたわけで。彼女にとってほっとする安心する味なんだろうなぁ。

お店はゾーン4で、ロンドンの中心部ではなく郊外に位置し、
もうね、店や駅周辺のローカル感がいかにも!
おしゃれとかトレンドとかとは程遠いけど、
他民族が集まる生活感に満ち溢れ、これもロンドンの側面ですね〜。

そういう意味では、賑々しくブッフェをとりにいくのも人混みをかき分けではあったけれど、
結婚パーティに遭遇できたのも、貴重な経験でした。
e0038047_21000601.jpg



sat 12/11/16


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○カレー・ランチ@インディアン YMCA/Indian YMCA(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/25683596/
○ランチ@ソム・サー/Som Saa(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/25151358/
○ランチ@ホワイトクロス・ストリートフード・マーケット/Whitecross Street Food Market(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/25549377/
○寒い日こそカレー! ロンドンのおすすめインド料理店 → http://ricorice.exblog.jp/24070933/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-06-19 00:00 | イギリスのグルメ店レポート