イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<イギリス料理・レシピ> クラウド・エッグ【Cloud Egg】


e0038047_034281.jpg
2017年5月初旬。
それまでも見たことがあるような気がするのですが、
突如として、こぞってイギリスのメディアに取り上げられたのが、
このクラウド・エッグ。
その理由は、この時代らしい、
インスタグラム・ユーザーがこぞって投稿する、
grammable(グラマブル)、つまり写真映えするものだから。

白(焼き色がはっきりついている場合もあり)と黄色という色のコントラスト。
クラウド、というように泡立てた卵白のふわふわ感、
シンプルで決め過ぎていない、
やってみよう! これならできる!で火が点いたのかもしれません。

そう、料理名のクラウドは雲のこと。
泡立てた卵白をもこもこの雲に見立て、そこに卵黄を落としてオーブンで焼く、
きわめて簡単なレシピです。

このレシピでは、塩・コショウのみですが、
粉チーズをふったり、ハーブを散らしたりしてもよし、
アレンジはいくらでもできます。
さらに食べるときは、トーストやベーグルにのせても、
カリカリに焼いたベーコンを添えても、と
目玉焼きのように使える、新しい卵料理といったところです。

オーブンを使わないので低カロリー、基本オーブンに入れておくだけ、
という気軽さも受けたのかもしれません。

卵黄を入れてからオーブンで焼く時間は、
私は表面がかたまる、ややかための半熟にしたいので8分にしていますが、
レアが好みの方は短めの時間、3分でも5分でも構いません。

<材料(1人分)>
卵……1個
塩・コショウ……適量
e0038047_04550.jpg


<作り方(調理:10分 オーブン:13分)>
下準備
*天板にクッキングシートを敷いておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
e0038047_043094.jpg


1. 卵を卵黄と卵白に分ける。
e0038047_045041.jpg

2. 卵白は角が立つまで立てる。
e0038047_054337.jpg

e0038047_053046.jpg

e0038047_05732.jpg

3. 準備しておいた天板に2の泡立てた卵白をテーブルスプーンですくっておき、真ん中にくぼみを作る。
e0038047_064030.jpg

e0038047_062476.jpg

e0038047_061050.jpg

e0038047_055851.jpg

4. 180℃のオーブンで5分焼く。
e0038047_065471.jpg

5. いったん取り出し、3のくぼみに1で分けた卵黄を入れ、塩・コショウをふる。
e0038047_073472.jpg

e0038047_072187.jpg

e0038047_07863.jpg

6. オーブンに戻し、さらに8分焼く。
e0038047_08035.jpg

e0038047_074932.jpg




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-05-14 00:00 | イギリス料理・レシピ