イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

売り切れ必至! 正真正銘、女王陛下の英スパークリングワイン


e0038047_2135889.jpg
イングリッシュワインが産業として成長を続け、人気(もしくはそれを飲むことやふれていることに対するステイタス)を得ていることは、こんなところでもみてとれます。

それは、エリザベス2世(エリザベス女王)が、ウィンザー城にブドウ畑を有していること。
その名もThe Windsor Great Park Estate。
2011年、7エーカーの敷地に、16700本のシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエが植栽されました。

これらのブドウが初収穫されたのは、2013年10月下旬。
ブドウ栽培こそ、女王陛下が有するブドウ畑で行われていますが、醸造を請け負っているのは、イングリッシュワインの牽引役で今や大御所とも言えるリッジビュー/Ridgeview
2年かけての熟成やブレンドを経て、3000本造られたスパークリングワインが
初めて売り出されたのは3カ月前の2016年10月。
レイスウェイト/Laithwaite’sのオンラインで3本セット、£75で売り出されるやいなや即完売!となった次第です。
http://www.laithwaites.co.uk/product/White-PRD+Sparkling+Wine/Windsor+Great+Park+Vineyard-2013/50823

で、この女王陛下のスパークリングワイン、気になる味は、
“ふくよかで洗練された味わい。柑橘類やアプリコット、ブリオッシュなどの香りが豊か”だとか。

以上のニュース、ニュースソースは以下の3つの記事です。
最初の2つ、デイリー・メール/Daily Mailデイリー・テレグラフ/Daily Telegraphは2017年1月22日(日)づけ、ジャンシス・ロビンソン/Jancis Robinsonは2017年1月23日(月)づけでリリースされました。


Liz’s fizz...but no, you can’t get it at Majestic: Queen joins the English sparkling wine craze – and all 3,000 bottles have been snapped up
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4144226/Queen-joins-English-sparkling-wine-craze.html


Queen turns winemaker, producing 3,000 bottles of fizz from her Windsor Great Park estate
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/01/22/queen-turns-winemaker-producing-3000-bottles-fizz-windsor-great/


The vines of Windsor Great Park
http://www.jancisrobinson.com/articles/the-vines-of-windsor-great-park



そして、ついに!
女王陛下のスパークリングワイン第2弾!
今年の出荷となる、2014年のプレオーダーがスタートしました。
気になる値段は、セット販売ではなく、1本£35。販売本数は現在、未定です。
以下、2017年1月23日(月)づけのデカンタ/Decanterより。
Pre-orders begin for second vintage of Queen’s English wine
http://www.decanter.com/wine-news/queen-english-wine-sell-out-353512/



今後6〜7年の間に、年間2万本まで生産の拡大が期待されます。
まあ、最初は投資目的で然るべき人たちが購入するでしょうから、一般に出回り飲めるようになるのは、もう少し先、2025年頃になりそうです。


ひとつ、トリヴィア。
ウィンザー城で最初にブドウ畑を所有したのはエリザベス2世(エリザベス女王)ではなく、
12世紀、ヘンリー2世の時代だったとか。へぇ〜。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○英王室とイングリッシュワイン → http://ricorice.exblog.jp/22969516/
○イギリスのスパークリングワイン → http://ricorice.exblog.jp/23361253/
○リッツ・ロンドンのワインリストにイングリッシュワインが加わる → http://ricorice.exblog.jp/24583385/
○リッジビューとチャペル・ダウン、イギリス政府の公式ワインに選ばれる → http://ricorice.exblog.jp/24427401/
○習近平を迎えての晩餐会の乾杯は、イングリッシュ・スパークリングで → http://ricorice.exblog.jp/23805000/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-01-30 00:00 | イングリッシュワイン