イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2016年イギリスのガストロパブ・トップ50


2016年1月25日(月)、ガストロパブ・アウォーズが発表されました。
そのニュースについてはこちら(↓)。
Tanner Brothers win Newcomer of the Year at Top 50 gastropubs
http://www.top50gastropubs.com/news-articles/tanner-brothers-win-newcomer-year-top-50-gastropubs/


トップ50を紹介したページはこちら(↓)。
イギリスのガストロパブ・トップ50
The top 50 gastropubs in Great Britain
http://www.top50gastropubs.co.uk/

どんなお店がトップ50になったか、は以下の通りです。

01. The Sportsman(ウィスタブル、ケント)
02. Pipe & Glass(サウス・ダルトン、イースト・ヨークシャー)
03. The Star at Harome(ハローム、ノース・ヨークシャー)
04. The Coach(マーロウ、バッキンガムシャー)
05. Pony & Trap(チュー・マグナ、ブリストル)
06. Freemasons at Wiswell(ウィズウェル、クリスロウ、ランカシャー)
07. Harwood Arms(フラム、ロンドン)
08. Hardwick(モンマスシャー、ウェールズ)
09. Kingham Plough(チッピング・ノートン、オックスフォードシャー)
10. Masons Arms(サウス・モルトン、デヴォン)

11. The Marksman(ハックニー、ロンドン)
12. Butchers Arms(エルダーズフィールド、グロスターシャー)
13. The Rat Inn(ヘクサム、ノーサンバーランド)
14. The Beehive(メイデンヘッド、バークシャー)
15. The Treby Arms(プリマス、デヴォン)
16. Gurnards Head(ゼノア、コーンウォール)
17. Greyhound on the Test(ストックブリッジ、ハンプシャー)
18. Gunton Arms(ノリッチ、ノーフォーク)
19. Anchor & Hope(ウォータールー、ロンドン)
20. The Red Lion & Sun(ハイゲイト、ロンドン)

21. Bull & Last(ハイゲイト、ロンドン)
22. The Crown(メイデンヘッド、バークシャー)
23. The Jugged Hare(バービカン、ロンドン)
24. Beckford Arms(ギフォード、ウィルトシャー)
25. The Crown at Bray(メイデンヘッド、バークシャー)
26. The Plough at Bolnhurst(バーンハースト、ベッドフォードシャー)
27. Cornish Arms(タヴィストック、デヴォン)
28. Broad Chare(キーサイド、ニューカースル・アポン・タイン)
29. Wild Rabbit(キンガム、オックスフォードシャー)
30. The Feathered Nest Country Inn(ネザー・ウェストコート、オックスフォードシャー)

31. The Staith House(ロウ・ライツ、ノース・シールズ)
32. The Empress(ヴィクトリア・パーク、ロンドン)
33. The Kentish Hare(ビドボロービドバラ、ケント)
34. Journey’s End Inn(キングスブリッジ近郊、サウス・デヴォン)
35. The Fishpool Inn(デラメール、チェシャー)
36. Red Lion Freehouse(ピュージー、ウィルトシャー)
37. The Royal Oak Paley Street(メイデンヘッド、バークシャー)
38. Canton Arms(ストックウェル、ロンドン)
39. The Nut Tree(マーコット、オックスフォードシャー)
40. Wellington Arms(バーグハースト、ハンプシャー)

41. The Olive Branch(ラトランド、イースト・ミッドランズ)
42. Old School Bar & Kitchen(マウント・ホーク、コーンウォール)
43. Parlour(ケンサル・グリーン、ロンドン)
44. Shibden Mill Inn(ハリファクス、ウェスト・ヨークシャー)
45. The Lickfold Inn(ペットワース、ウェスト・サセックス)
46. The Stagg Inn(キングトン、ヘレフォードシャー)
47. Truscott Arms(メイダ・ヴェイル、ロンドン)
48. Parkers Arms(クリセロー近郊、ランカシャー)
49. The Bridge Tavern(ニューカースル、ニューカースル・アポン・タイン)
50. The Lord Clyde(ボリントン、ケリッジ)


あれっ、The Coachは4位に入っているのに、トム・ケリッジの本家のお店が入っていないのは、ちょっと不思議な感じ。あまりに知名度が高すぎるので、殿堂入りってことかしらん。

にしてもバークシャーのメイデンヘッドはガストロパブの有名どころが多いなぁ。
あと、以外、というべきかヨークシャーからのエントリーも多い。

っと、Great Britainといっているのに、スコットランドからのエントリーがない、ウェールズからは1軒のみ、つまりイングランドからほぼすべてってのは、ちょっと片寄っている気がします。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○2015年イギリスのガストロパブ・トップ50 → http://ricorice.exblog.jp/22843076/
○ロンドンのガストロパブ・ベスト22 → http://ricorice.exblog.jp/23032061/
○料理のおいしいパブ・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/21302225/
○ロンドンのパブ&バーのおつまみ・ベスト9 → http://ricorice.exblog.jp/23821211/
○ガストロパブのスターシェフ、トム・ケリッジへの一問一答 → http://ricorice.exblog.jp/21360524/





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-02-15 00:00 | 賞/アウォード