イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

〜イギリスの紅茶のある風景〜 キンクス「Have a Cuppa Tea」


キンクス/the kinksを聞いていると、ロンドンの下町の人たちの様子が、
ざあ〜っと映像になって迫ってきます、おまけにストーリーもついて。
街のスケッチ、というのかな、
決して長くない話が、アルバムだと短編集のように詰まっているのです。
彼ら(というのよりもレイ・デイヴィスか?)の歌の世界は、
今、その時代の日常を知る手がかりとして
研究するに値するんじゃないか、とも感じてもいます。

e0038047_2217355.jpgで、いかにも、英国な歌のひとつが、
Have a Cuppa Tea(お茶をどうぞ)。
Cuppaは以前に“1杯のお茶”でご紹介しましたが
cup of (tea)の略(今はcuppaだけでteaまで含むことが多いように感じます)。
歌詞をご紹介したいのですが、著作権にひっかかると思うので、
手前味噌ながら、私の訳(意訳)で
(オリジナルの英語の歌詞が気になる方はググってみてください)。

ばあちゃんは いっつもわめき散らしてて、
タバコもスパスパ吸ってるし(だからすぐ咳き込むんだよ)。
おまけにどなったりもするもんだから、たまんない。
それでもって、いっつもお茶をいれてるんだなぁ。

じいちゃんは、晩ごはんの時間には、いつもちゃんと帰ってくるだよね。
好物は牛の脚。
それをブランデーと一緒に流し込むときたもんだ。
それでもって、これまた、ポットでいれたてのお茶を。

お茶だよ、お茶の時間だよ〜。
お茶だよ、お茶の時間だよ〜。
まずはお茶を飲んでから、だ。

ちょっと気分がよくなかったり、イライラしてるとなと思ったら、
ばあちゃんのとっておきのクスリがいいよ。
咳にも、息切れにも、効果テキメン!
肝炎、慢性の不眠症、扁桃腺だって、関節に水がたまったときでも
効くんだな、これが!

お茶だよ、お茶の時間だよ〜。
お茶だよ、お茶の時間だよ〜。
まずはお茶を飲んでから、だ。

起きて1杯、夕方に1杯、晩ごはんに1杯、
雨なら1杯、雪でも1杯、天気のいい日だって1杯、
お昼に1杯、午後の眠気覚ましに1杯、
だるいときも、病気のときも1杯、お茶を飲む。
神様、我らにお茶をありがとう!


どんなご時勢だって、人種や宗教が違っても、
お茶ってやつは差別しない。
階級も家柄も関係なし。
なんの動機もいらないし 組織も宗教も関係ない。
政治信条なんてものも、お茶にはない。

お茶だよ、お茶の時間だよ〜。
お茶だよ、お茶の時間だよ〜。
まずはお茶を飲んでから、だ。

とまあ、こんな感じです。
お茶だよ、お茶の時間だよ〜。の原文は
Hallelujah, hallelujah, hallelujah, Rosie Lea
(ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、ロージー、リー)。
Rosie Lea これはお茶のこと。
TeaとLeaをかけているんですね。
コックニーは2つの言葉から成り(ofとかandとかの接詞を除く)、
2番目の方で韻を踏む言葉を、この場合なら、LeaがTeaを、意味します。
なんで2つの言葉か、というと、
“山”“川”みたいに掛け合って使うからなんです。

「Have a Cuppa Tea」を聞いたことがなく、
興味のある方は以下からどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=c3rxNCzzJpY




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-08-25 00:00 | 音楽