イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

おいしい紅茶を淹れるには(ティーバッグを使わずに)


2013年7月3日付けのイギリスの新聞、The Guardianに、
直訳すると、ティーバッグを使わずに完璧な紅茶を淹れるには
という記事がありました。
オリジナルは以下の通りです。
How to make perfect tea without teabags

e0038047_1813396.jpgこのタイトルは、いかにイギリス人が茶葉ではなく、
ティーバッグを使って紅茶を飲んでいるのかを物語ります。
それもそのはず、イギリスでは紅茶消費量全体の実に95%が
ティーバッグというデータもあるほどですから。
そして毎年550億ものティーバッグが消費されているのです。
(原文には55bnとあり、これは55 billionの意。
 billion、アメリカ英語では完全に10億ですが、
 イギリス英語では、特に古いものは1兆で、
 現在は両方が混在していることがあり(とはいえ、10億の方が優勢)、
 どっちだろうと悩むのです。
 この場合は、計算すると、550億で正しいようです)

そんな事情を受けて、では茶葉でおいしく紅茶を淹れるには、
そのヒントがこの記事では以下のように綴られています。

1.茶葉は人数分をティースプーンで。ティーポット用に、そしてもし濃いのが好みなら、プラス1杯。
2.沸き立てのお湯をまずはティーカップに、それからティーポットに注ぐ。
3.茶葉はティーバッグよりも抽出させるのに若干時間をかける。
4.紅茶が先か、ミルクが先かはお好みで。ティーを先だと、水色が確認でき、紅茶の濃さが分かる。

今さらといえば今さらな感は否めませんが、
それだけティーバッグが浸透しているということなのでしょう。
改めて、そうだな、と思ったのが4。
紅茶が先か、ミルクが先か、は論争の種となることが多く、
私自身は紅茶が先、なのですが、なぜと訊かれても
論理的に説明できず、答に窮していましたが、
そうか、そうか、確かにそうなんです。
これからは、これを参考に答えようと思います。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。


by ricoricex | 2013-07-13 00:00 | Tips(コツ、秘訣、豆知識)