イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<イギリス・レシピ> ソーダブレッド【Soda Bread】


e0038047_2157847.jpg
アイルランド生まれのパン。
名前の通り、重曹/bicarbonate of sodaを使って膨らませ、
ブレッドとはいうものの、
このブログでもご紹介した三つ編みパン丸パンのように、
イーストを使わず発酵をとりません。
しかも使う小麦粉は薄力粉。
なんでもこの地は、土地柄、小麦の種類があまりとれず、
強力粉に適した小麦がとりづらいことに起因しているようです。

少ない材料で、思い立ってすぐにできるのがうれしい。
しかも、発酵時間をとらないどころか、生地をこねない、ことがポイントなので、
パン作りの常識を覆すような手軽さ。
初めての人でも簡単にできます。

本来はバターミルクを使うのですが、
日本では入手しづらいためヨーグルトで代用。
粉の総量を変えず、全粒粉を2割ほど使ってアレンジもできます。

焼き上がったら、温かいうちに食べるのがおすすめです。
たとえば牛肉のビール煮込みといった食事に合わせるのはもちろん、
バターやジャムを塗ってティーのおともにも。
残ったパンは、食べるときに軽く温めてからいただくとよいでしょう。
e0038047_2241453.jpg


<材料>
薄力粉……250g+適量
重曹……小さじ1
塩……小さじ1/2
無糖ヨーグルト……200g
e0038047_2243090.jpg


<作り方(調理:15分 オーブン:30分)>
下準備
*天板にクッキングシートを敷いておく。
*オーブンを200℃に温めておく。
e0038047_2251117.jpg


1. 薄力粉250gと重曹、塩を合わせて、2〜3度ふるう。
e0038047_2252530.jpg

2. 1をボウルにあけ、真ん中にくぼみを作る。
e0038047_226345.jpg

3. 2のくぼみにヨーグルトを入れ、生地をまとめ、直径約15cmほどの大きさの円形に仕上げる。
※こねるというより、まとめる。ボウルの底に当てるようにしながら、形作るとよい。
e0038047_2292125.jpg

e0038047_2284080.jpg

e0038047_2265547.jpg

e0038047_2263376.jpg

4. 用意しておいた天板におき、包丁で表面に十字に切り込みを入れる。
※半分から2/3程度、深く切り込みを入れるとよい。
e0038047_221196.jpg

e0038047_2295785.jpg

5. 薄力粉を振りかけ、200℃のオーブンで30分、表面に焼き色がつくまで焼く。
e0038047_22152072.jpg

e0038047_22145944.jpg

e0038047_22142633.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2012-12-09 22:16 | イギリス菓子・レシピ