イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

福岡雑記<2011年12月29日(木)>


7:30起床。ところで、私はうどんが好きだ。整然とした佇まいのところではなく、ちゃちゃっと行って、小銭でちゃちゃっと食べる感じのところが。在来線の駅にコの字型テーブルがあって、中で、湯気の向こうでおばちゃちゃっと作っているようなものが好みである。新山口駅(旧小郡駅)の在来線の駅で、新幹線を待つ間にときどき食べたもんだ。
e0038047_23285412.jpge0038047_2328404.jpge0038047_23282756.jpge0038047_2328442.jpge0038047_23275117.jpge0038047_23274061.jpgこの日は、福岡の地元の人に愛されているうどん屋さんに連れてってもらう。ひとつは基山PA。もうひとつは牧のうどん。福岡のうどんは麺はやわらかめ。青ネギが入れ放題。このあたりは、私が子供の頃になじんだうどんに通じるものがあり、安心するというか、体の細胞がよろこぶ。両店で頼んだのは肉うどん。私は牛肉のしぐれ煮のようなものがのっかった肉うどんが好き。基山PAは割とオーソドックスな感じ。驚いたのは牧のうどん。麺の硬さが選べるし、肉うどんの肉はすき焼きみたいなタイプ。それを香港の飲茶みたいにオーダーシートにティックするという。紺と白の茶碗のかしわごはんにおこうこがついてくる感じとか、あ〜、そう、この感じ! そして、味はかなり好み! ちょっと食べさせてもらったカレーうどんも、カレーうどん用のカレーというより、そのままごはんにのっけたいカレーでまたよし。
店の佇まいもとてもよいのに改装しちゃうらしい。。。残念! メニューのこと舌代っていうのかな? おつゆのおかわりがポットで出てくるのもまたよし。このポットが連れて帰りたいくらいキッチュでいいのだ! 牧のうどんはボリュームがあるのだが、ぺろっと食べて驚かれる。好奇心で食べているときって、食欲が止まらない!のだ。
それにしても、だ。年末の忙しいときに時間を作ってくださって、わざわざ車を出してくださって、地元ならではのこともいろいろ教えてくださって、本当に感謝!感謝!である。
帰宅途中、数日前から食べたくなったショートケーキの衝動が抑えられず、購入。おやつに食べる。1時間半ほど眠る。
年賀状書き。この日は眠れない、眠らない。。。
by ricoricex | 2011-12-30 23:29 | 福岡雑記