イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

福岡雑記<2011年08月09日(火)>


6:40起床。シャワー。朝食。先日発刊となった月刊誌の見本誌を渡して歩く日。お店はもちろん、協力クレジットでお名前を明記した方々以外にも、いろいろな方にお世話になった。わざわざ行かなくても、と言われることもあるが、今の時代、結局直接会うことなく仕事が終わったことも珍しくない。そういうのもったいないと思うし、どうってことない世間話がほほ〜ってことがあり、おもしろいのだ。と言っても、私もいつもこういうことができるわけじゃなく、今は時間があるからできるんだけど。
e0038047_2129677.jpge0038047_21302960.jpge0038047_21301577.jpge0038047_21295593.jpge0038047_2129435.jpge0038047_21292299.jpgお昼は今泉のクレガへ。お仕事でご一緒した方がシェフと懇意で、今月でお店が終わっちゃうから行ってみて、とのことで、であれば、と。食べたのは2000円のコース。食事を終えて、お忙しいと思いつつご挨拶。あまり長居しても、ではあったが、気さくにいろいろお話ししてくださった。
そういえば、どこぞで屋台課長が誕生したって言ってたな(中央官庁から呼んだらしい)。ブログもなさっています。その経緯など(平たく言うと、これから屋台をどうするか、その解決策として屋台課長が誕生)と屋台課長のブログはこちら。
http://www.nishinippon.co.jp/common/search/?q=屋台%20課長&r=refcompactnext&start=1
http://yataikacho.exblog.jp/
この日はコンベンションビューローでパンフレット類を入手。本屋もうろうろ。
あ〜、しまった。博多水無月を食べ損ねた! 博多水無月とは、“小豆とわらび粉を主原料にして笹で巻く”を決まりごとにして、「新福岡・博多の和菓子開発研究会」に所属する和菓子処による夏季限定和菓子(7月いっぱいで終了)。その昔、6月30日を1年の半分の晦日とし、 
水無月(和菓子)を食べて滋養をつけ、夏を乗り切ったことから(現在も、京都をはじめ各地でこの風習は残っているよう)。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/charm/mamechishiki/chishiki42.html
まだまだ知らんことがようけあるっちゃね〜。
それにしても、久しぶりに革のパンプスで歩き回ったら、暑さよりも足がどっと疲れた。帰宅し休む。夕食。カップケーキを焼く。仕事少々。
インターネットでニュースを追っかけてたら、イギリスの暴動がすごいことになってるなぁ。スカイプで現地の友人と喋る。そのあと現地の別の友人や知人に安否を確認。1:30就寝。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2011-08-10 23:05 | 福岡雑記